結婚の了承をもらうために相手宅を訪問する場合

結婚の了承をもらうために相手宅を訪問する場合、印象の良いふるまいをしなくてはいけません。
どうふるまえばいいか分かっておきましょう。
部屋に通されたら、まずはあいさつと時間を取ってもらったことへの感謝を述べることです。
そして、世間話などをして雰囲気が和んだら、結婚の申し込みを切り出しましょう。
女性宅では男性の方から切り出すことです。
その際、和室の場合は座布団から外れて座り直すようにしましょう。
洋室ならイスから立ち上がって話すことがマナーです。
結婚式などの話題は、親から聞かれない限り控えた方がいいと言われていますが、必ず聞かれるでしょう。
なので、入籍の時期や結婚式に関することは答えられるようにしておくことです。
事前に二人で話し合っておきましょう。
ちなみに、訪問の時間は2時間程度が一般的と言われています。
短すぎても長すぎてもいけません。
また、帰宅後にお礼の電話をすると丁寧な印象を持ってもらえるでしょう。