結婚のあいさつをする側だけが緊張するわけではない

結婚のあいさつをする側だけが緊張するわけではありません。
あいさつを受ける側、つまり親も緊張します。
当日、良いところを見せようと張り切ってしまう人も少なくありません。
しかし、見栄を張ってもボロが出ます。
張り切りすぎず、普段の家族の様子を見てもらうようにしましょう。
あいさつする側はきちんとした服装でやって来ますが、親の方はそこまできちんとした服装をする必要はありません。
とは言え、パジャマや部屋着と言うのも考え物です。
外出してもおかしくない服装でいるようにしましょう。
また、相手に不安要素がある場合、親としてはつい相手を詮索したり、品定めするような態度を取ってしまうこともあります。
しかし、二人の結婚の意志が固いのならば、そう言う態度や過度な口出しは控えなければいけません。
困ったことがあれば支えると言うスタンスでいるようにしましょう。
どうしても受け入れられないと言う場合は、子供ときちんと話し合うことです。